占い師ってどうやってなるの?


占い師になりたい方は割と多いかもしれません。
インターネットが発達により、ブログやSNS等で誰でも簡単に情報発信ができる時代になり、趣味やスキルを活かし、週末起業や副業、人によっては本業として起業をする人が増えている時代だからこそかもしれません。

占い師は資格が必要か


占い師志望の人にとって気になると思うのが、何か必要な資格があるのか。ということですよね。
いろいろな職業がある中で、医師や教師のように、国家資格が必要な職業もあります。
または国家資格ではなくても、資格を持っている人の方が有利に働くことできる、信用を得やすいなどの民間資格もあります。
占い師は、手相やタロット、スピリチュアルについてなど、色々と複雑なことを勉強する必要がありますが、占い師をやる上で資格自体は必要ありません。
ですので今日から自分は占い師だと宣言して仕事を始めれば、誰でも占い師として働き始めることが可能なのです。

占い師デビューするまで


人により占い師としてデビューまでの道のりは全然違いますが、いくつかパターンがあるのでご紹介いたします。

  • 占い師に弟子入りし、デビューまで指導してもらい、そしてデビュー先の紹介も受ける。
  • 占いの専門学校などに入学し、デビューまで指導してもらい、そしてデビュー先の紹介も受ける。
  • 独学で学びながらデビュー先も自分で探す。

最近はわからない事があってもインターネットで調べれば大抵のことは解決するので、独学で占いを勉強して、そのままデビューする人も多い傾向にあります。
度胸があれば、すぐ道ばたで占いの店を開くことも可能(危ない人には御注意)ですし電話占いなどの無店舗型の占い師にもなれますから、占い師になるのは意外と難しくはありません。

占い師募集」情報をチェックする!

どの占いを学べばいい?


占い師になるべく、占いについて勉強をしていこうと思ったときに、タロットや手相などの数ある占いの種類の中で、どれを中心に、どれに絞って学んでいったらいいのか悩む人も多いそうですが、多くの占い師は、タロットや手相、占星術といった多くの占いの中で、自分の専門を決めている人が多いですよね。
最近では、インターネットなどで様々な情報が手に入ることで簡単にいろんな占いを勉強環境が整ってきました。実際に占う際も、1つだけではなく複数の占いをして、その結果を合わせて伝える占い師の方が人気だそうなので、複数の占術をできる方が有利かもしれません。
まずは最初は、自分が鑑定する上で看板メニューとなるような占いを1つだけでもいいので覚えてみることをお勧めします。可能であれば、手相・タロット・占星術という感じで、複数の占いを身についてる事が理想です。すぐに占いの仕事を始めたい人は学びながら挑戦していくなど工夫が必要かもしれません。

占いの以外に学んでおくと良い事はある?


占い師として独立開業を目指すのであれば、ビジネスや経営の基本について最低限の事は学んでおくべきでしょう。特に会計知識があれば自分で確定申告もできますし、利益も出しやすいです。全て覚えるのは大変だと思いますので確定申告のツールなどがあるのでそういった便利なものを使って利益率を上げていきましょう!
どの業種にも言えることですが、常に学ぶ姿勢を忘れない人が、向いてる人といえますね。